アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式生放送

 

0

pt

『 多田くんは恋をしない 』キャラクターレビュー編 第一弾!

ご機嫌幼女!溶けるような陽射しの猛攻。茹だる暑さの部屋。実に不愉快。どうも、Mr.BOSSで御座います。さて今回は筆者注目、そして巷でも大注目の今期スタートアニメ『 多田くんは恋をしない 』についてで

『 多田くんは恋をしない 』キャラクターレビュー編 第一弾!

ご機嫌幼女!溶けるような陽射しの猛攻。茹だる暑さの部屋。実に不愉快。どうも、Mr.BOSSで御座います。さて今回は筆者注目、そして巷でも大注目の今期スタートアニメ『 多田くんは恋をしない 』についてです。

今回はこの作品の詳細と、3話までの登場人物の紹介、それから作品の今後を予想してみたいと思います。

それではいってみましょう! let’s go!!

TVアニメ『 多田くんは恋をしない 』について

まず、この作品ですが、2014年7月に放送開始された『月刊少女野崎くん』の制作チームが手掛けるオリジナルテレビアニメで御座います。

通称『多田恋(ただこい)』として放送開始と同時に瞬く間に巷に浸透。

1話で繰り広げられる異国からの留学生『テレサ・ワーグナー』と主人公『多田光良(ただ みつよし)』の微笑ましいやり取りや、個性豊かな登場人物の登場にどこか心躍るような感情を覚えました。

作品のキャッチコピーは『この恋を、一生忘れない』という事もあり、ラブコメ路線であることが伺い知れます。

出典 YouTube

舞台・登場人物まとめ

・舞台:銀河大学付属恋ノ星高校 写真部(闘う写真部とも)・多田珈琲店(多田くんのご実家)

・多田光良(CV.中村悠一):本作の主人公であり、カメラマンを夢見る高校生。割と淡々とした口調が特徴で、CV中村さんの声も合間って非常に大人びたクールな雰囲気。面倒見が良い一面もあり、テレサが雨の中行き場に困っていた際には「ほっとけないだろ」と言って実家の喫茶店に連れて行った事も。子供の頃からカメラが好きな様で幼少期の回想では写真を撮るのに夢中になっていた。幼少期から現実的な思考の様で、河童などの妖怪に全く物怖じする事が無かった。

・テレサ・ワーグナー(CV.石見舞菜香):本作のメインヒロイン。ヨーロッパのラルセンブルクから留学して来た金髪碧眼の女の子。日本語は作中の人気時代劇『れいん坊将軍』で学んだらしく、言葉の端々が武士チックになる節がある。好奇心と行動力のお化け。取水口に近付こうと柵を越えようとしたり、風に飛ばされた花かんむりを追い掛けて小橋から飛び降りたりしていた。初めて多田珈琲店に来店した際、居合わせた客や多田くんの妹が見惚れていたことから相当な美少女である事が分かる。

・伊集院薫(CV.宮野真守):外見は中々のイケメンボーイ。学校では彼に黄色い声援が飛び交う事も多々あり。しかし実態は相当なナルシストで、写真部の作品には自撮りを使っている模様。多田くんとは幼馴染であり、幼少期に彼に助けて貰ってからは彼を親友と認識している。コミュ力はかなり高いようで初対面のテレサちゃんやアレクに対しても超近距離でのやり取りが目立った。彼の実家は老舗料亭らしく、料理の腕はかなりのものらしい。中の人から凄まじい味付けをして貰っているキャラであり、作中の存在感は他を圧倒している。

・アレクサンドラ・マグリット:(CV.下地紫野):テレサの付き人として共に留学して来た赤髪の少女。冷静で冷たい雰囲気から印象はかなり大人っぽいがテレサや多田くんと同じ高校2年生。身体能力が尋常ではなく、作中では超有名なアンドロイドのテーマと共に多田くんの前に立ち塞がった事も。第2話で超人的な素早さで校内を駆け回り、耳を澄ますだけで逃げる多田くん達の位置を特定したりと色々規格外。料理の腕がある様で、作中ではこだわりの朝食や頭付きの舟盛りが食卓に並んでいた。

・杉本一(CV.梅原裕一郎):多田くんら作中のメンバーが在籍する銀河大学付属恋ノ星高校写真部の部長。通称『ピン先輩』。作中メイン男子メンバーでは一番身長が低く黒縁の眼鏡をかけている。割と思考がダダ漏れな様で、考えている事や企みが口から溢れる事もしばしば。グラビアアイドルの『HINA』にゾッコンであり、部室には関係性が無いであろう彼女のグッズが飾られ、まるで祭壇の様に崇め奉られている。写真部唯一の3年生。将来はヌード写真家を志している様で、作中では女体の魅力をご高説してくれた。

・長谷川日向子(CV.石上静香):多田くん達の同級生であり、クラス委員長。赤縁の眼鏡をかけている。茶色っぽい髪を編み込み左肩からさげているのが特徴。割と感情が顔に出やすい様で、動揺する度に表情が変わっている。まだ作中では語られていないが、ピン先輩とは幼馴染で、彼のことを『ハジメちゃん』と呼んでいる。そして真相が明らかになっていないが、作中の有名人と同一人物なのでは・・・?との声も。CVの声質が合間って、幼さと色気と清純さが調和したかなりの最強ガールとなっており、筆者注目のキャラクターである。

・山下 研太郎(CV.下野紘):写真部唯一の1年生部員。割とマイペースな性格の様で、部活そっちのけで昼寝をしていた事も。多田くんとは同じ中学の出身で当時から彼の事を非常に尊敬している。その事もあってか彼の指笛には即座に駆け付ける為、付いたあだ名は『山下犬』。モサモサの癖っ毛が特徴で前髪をヘアピンの様なもので留めている。ニャンコビックとのスキンシップを試みるも、とてつもない剣幕で威嚇されていた。

部員以外の登場人物

・多田ゆい(CV.水瀬いのり):ハキハキとした明るい雰囲気の女の子で、黒いおかっぱ頭が特徴的。祖父の喫茶店である『多田珈琲店』で手伝いをしている。作中にて山下犬が店を訪れた際、あからさまに表情を変えていたことから、彼に対して特別な感情を抱いてる様子。しかし前述の通りバレバレの為、周知の事実なのかも知れない。

・ニャンコビック(CV.小澤亜李・大塚明夫):可愛さとダンディさを兼ね備えたニュータイプのニャンコ。かなり肥えており多田くんからは太った事を心配されている。美人が好きな様で美人には懐くが一部の人物には敵対心全開で飛び掛かる。客の顔は一応把握している様で、良い声で客の紹介をしてくれた。

・多田正造(CV.中博史):多田兄妹の祖父であり、実家である多田珈琲店のオーナー。れいん坊将軍のファンの様で店では良く再放送が流れている。偶然かどうかは不明だが、ニャンコビックの心の声を理解している。

・れいん坊将軍(CV.小山剛士):作中のマスコットになりつつある作中の人気時代劇『れいん坊将軍』の主役。成敗の際に虹の色を1つ尋ねて、「虹の色は虹色だ!」といって切り伏せる。決め台詞は「いつも心は虹色に」である。

・十三(CV.小山剛士):作中に度々登場する傍目完全にゴ○ゴな男性。ニャンコビック曰く、殺し屋という事だが実際のところは不明。しかしお気付きかとは思うが某将軍と同じ声。そして彼もある意味人を成敗している・・・。こちらも真相は不明である。

第一弾まとめ

今回はキャラクター紹介をお送り致しました!

一通り眺めてみるとやはり個性のデパートみたいですねぇ。今後さらに追加でキャラクターが登場しますので、人間関係がどう動くのか注目ですね!

そして気になるのは作中キャラ達の恋模様では無いでしょうか。とわいえ泥沼の関係にはならない様なので安心して眺められそうです。この先どんな恋模様を写してくれるのか非常に楽しみですね。

さて次回は作品のストーリー予想や人間関係にさらに注目していきたいと思いますよ。OPの気になるあのシーンなども考えて行きましょう。

ではまた次回!see ya!

©TADAKOI PARTNERS


記事タイトル:

『 多田くんは恋をしない 』キャラクターレビュー編 第一弾!

関連ワード :

多田光良

多田くんは恋をしない

イケメン

髪色(黒)

主人公

中村悠一(声優)

コラム




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
186回
185回
184回
183回
182回
181回
180回
179回
178回
177回
176回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!