アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式生放送

 

0

pt

『プリパラ』は泣けるアニメ!『アイドルタイムプリパラ』ガァララ×ファララとは!?

現在『キラッとプリ☆チャン』のアニメ放送中。その前作にあたる『 プリパラ 』は、2014年7月~2017年3月、続編『アイドルタイムプリパラ』は2017年4月~2018年3月の期間中に放送されました。

『 プリパラ 』は泣けるアニメ!展開から演出まで、神としか言いようがない『アイドルタイムプリパラ』ガァララ×ファララとは!?

現在『キラッとプリ☆チャン』のアニメ放送中。その前作にあたる『 プリパラ 』は、2014年7月~2017年3月、続編『アイドルタイムプリパラ』は2017年4月~2018年3月の期間中に放送されました。
合計で191話もある、人気作です。

今回はそんな『プリパラ』の終盤にあたるエピソード。
『アイドルタイムプリパラ』のガァララに関する泣けるエピソードを紹介します。

時の精霊ファララとガァララ

『アイドルタイムプリパラ』には、“時の精霊”と呼ばれる2人の女の子が存在します。

ファララ・ア・ラームは、昼のプリパラを管理する精霊。
ガァララ・ス・リープは、夜のプリパラを管理する精霊。

悲しいガァララの環境

プリパラ界を管理する存在である2人ですが、システムの関係上、どちらか片方しか起きていられないという制限があります。
普段、アイドルの女の子たちがプリパラへやってくるのは、昼です。

昼、ファララがみんなと楽しく過ごし、プリパラからみんなが出ていった後、眠りにつく。
そして誰もいなくなった夜のプリパラで、ガァララは目覚めます。

直接会ってはいないけれど、お互いの存在を感知していた2人。
ガァララは、自分だけが寂しく過ごすのが嫌で、楽しそうにしているファララを嫌っていました。
ガァララの味方は、パックというマスコット(魔法少女もので言う使い魔的なアレです)だけ。

ガァララとパックはふたりぼっちで、とても長い時を過ごし――。

女の子の夢を食べる

やがてパックは、女の子の夢を食べるという行為に出ます。
夢を食べられた女の子は、自分のやりたいことを忘れてしまい、アイドルへの興味さえなくしてしまいます。

奪った夢の力は、ガァララが昼でも起きていられるエネルギーになりました。
ガァララが起きているということは、ファララが眠りにつくということ。

主人公である夢川ゆいは、前主人公・真中らぁらたちと共に、女の子たちの夢を取り戻すため、ファララを目覚めさせるため、行動していきます。

これが『アイドルタイムプリパラ』の主なストーリーです。

はじめて出来た友達

長い間ふたりぼっちだったガァララは、友達という存在を知らず、人と接する機会もなかったため、精神年齢が子供のままでした。

そんなガァララは、華園しゅうかという女の子と仲良くなります。

ガァララはしゅうかのために、特別なマイクを渡します。
しかし、それは力と引き換えに夢を奪うマイクで――それを知ったしゅうかは怒りますが、幼いままのガァララには、なぜ彼女が怒っているのかが理解出来ません。

夢を奪わないと、しゅうかとは一緒にいられない

夢を奪わなければ、自分は眠ってしまうのに。

困惑するガァララですが、ゆいたちの頑張りやしゅうかの行動を受け、和解。
友達であるしゅうかが望むなら、と夢を奪うことをやめます。

しかし、そうなればシステムの力によって、ガァララは再び眠りにつきます。

第44話「みちるさまとお呼びなさい」において、ガァララは初めて眠るファララと直接顔をあわせます。

倒れてしまう前に、最後に言いたいことがある。
そんなガァララが言うセリフは、ごめんね――かと思いきや、

「ファララなんて大嫌い」

しかしその一言には、これまでのような心から嫌っている感じはしませんでした。
そして倒れるガァララと、目覚めるファララ。

ファララなんて大嫌い

続く45話「決戦!ゆいvsしゅうか」、46話「時をこえてマイドリーム!」。

ゆいたちの活躍により、呪いのようなシステムの解除に成功。
はじめて、ガァララとファララは同時に起きていられるように。

改めて向かい合う2人。
再び、ガァララは言いました。

「ファララなんて大嫌い」(泣きながら)

涙声のそれを受け、ガァララを抱きしめるファララ。
涙なしには見られない、仲直りのシーンです。

リンリン♪がぁらふぁらんど

ファララとガァララ、2人の持ち曲は似ています。
昼の精霊であるファララは、ライブステージのバックに昼を示す時計を設置し、明るい演出でライブをします。
一方夜の精霊であるガァララは、ライブステージのバックに夜を示す時計を設置し、暗い演出でライブをします。

和解後の2人は、一緒にライブを実行。
なんと2人の曲を同時に歌います。似ているので、歌詞は違うのにマッチします。
セットになった曲名は「リンリン♪がぁらふぁらんど」。

ステージバックの時計の針が進み、夜から昼へ。針の動きや歌詞に合わせ、照明が変化。サビのタイミングで、ステージが朝を迎えます。

もう寂しくて怖い夜は明けて、ガァララはファララと出会い、たくさんの友達が出来た。

その心境を演出した感動のライブシーンです。

何度観ても泣けるシーンです。
筆者はこの記事を書いている時も、思い出して涙が……。

ここで終わらないのが凄いところ

『アイドルタイムプリパラ』の凄いところは、これで終わりではないところです。

長きにわたる呪いを解除し、ハッピーエンド。かと思いきや、ずっとガァララとふたりぼっちだったパックが、今更ガァララと親しくなったみんなを認められず、暴走してしまいます。

今度はパックを救うため、ガァララが動き。
さらに、らぁらが動き。
犠牲になったらぁらを救うべく、ライバルや、これまでの主要キャラクターたちが駆けつけ、最後はゆいたちに繋ぐ。

47話「パックでパニック!大暴れ!」
48話「らぁらに届け、 カムバックライブ!」
49話「誕生しちゃうぜ! 神アイドル!?」
50話「夢のツバサで飛べマイドリーム!」

すべて泣けます。
怒涛の神展開ラッシュでした。

なんといっても、凄いのは「ファララなんて大嫌い」です。
本当にファララを嫌っていた→少し認めた?複雑な心境→涙からの大嫌い(大好きになっていく)

という、同じ言葉でありながら、意味が変わっていく演出。
そして、ライブの演出と2人の状況をマッチさせた魅せ方。

女児アニメと侮ってはいけませんね。
『アイドルタイムプリパラ』は、泣ける、演出も凄いアニメです。

Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.


記事タイトル:

『プリパラ』は泣けるアニメ!『アイドルタイムプリパラ』ガァララ×ファララとは!?

関連ワード :

ガァララ・ス・リープ

プリパラシリーズ

美少女

ツインテール

髪色(黒)

名脇役

黒沢ともよ(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
186回
185回
184回
183回
182回
181回
180回
179回
178回
177回
176回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!