アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式生放送

 

0

pt

こんなに凄い5歳児たち!「かすかべ防衛隊」徹底紹介【 ボーちゃん 編】

前回までのキャラクターコラムをお読みいただいた方には同じ冒頭文になりますが、ご容赦ください。 2018年の劇場版「 クレヨンしんちゃん 」の公開が近付いてきました。皆さん、クレヨンしんちゃんの劇場版

こんなに凄い5歳児たち!「かすかべ防衛隊」徹底紹介【 ボーちゃん 編】

前回までのキャラクターコラムをお読みいただいた方には同じ冒頭文になりますが、ご容赦ください。

2018年の劇場版「 クレヨンしんちゃん 」の公開が近付いてきました。皆さん、クレヨンしんちゃんの劇場版はご覧になったことがありますか?

「嵐を呼ぶアッパレ! 戦国大合戦」では歴史好きが舌を巻くほど本格的な時代劇を魅せ、「オトナ帝国の逆襲」ではノスタルジックな雰囲気に、まさに大人たちが涙しました。

今や「泣ける映画」として子どもたちに付き添う大人たちが楽しみにしている作品。それが劇場版「 クレヨンしんちゃん 」です!

そんな今回の映画タイトルは「爆盛! カンフーボーイズ」。ボーイズという時点でクレヨンしんちゃんファンの中にはお気付きの方も多いでしょう。そうです、今回のメインはしんちゃん率いる「かすかべ防衛隊」が主役です!!

上記した過去2作品のファンには「ちょっと印象的な子どもたち」くらいのイメージかもしれませんが、かつて「嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ」でも主役を張ったこの5人。

この5人についてまだよく知らない!という人に向けて、映画作品を中心に、数回に渡ってかすかべ防衛隊の徹底紹介をしています!

ボーちゃん はどんなキャラなのか

さて、かすかべ防衛隊最後のメンバー、ボーちゃんのご紹介です。とは言っても、クレヨンしんちゃんに詳しくない人にとってはかなり印象が薄いだろうと思われるキャラクターですね。

実際、ボーちゃんは基本的にぼーっと立っていて、なにを考えているのかよく分からない男の子。あまり突飛な言動もないこともあって、馴染みがない人には「どんな子なのか本当に分からない」くらいかもしれません。

そんなボーちゃん、「クレヨンしんちゃん」の映画ファンの中ではかなり強烈な印象を持っているキャラと言っても過言ではないと思います。

それというのも、「嵐を呼ぶジャングル」や「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」、「超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」など様々な映画でかなり知的な活躍を見せては、子どもの付き添いで劇場に足を運んだ大人たちを驚愕させているのです。

その一端を例に挙げるなら、「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」では、ボーちゃんは毎日見ていたというだけで幼稚園バス(MT車)の運転方法を完全にマスターしていたというのが一番分かりやすいでしょうか。

なにを考えているか分からないながら、かすかべ防衛隊の参謀にしてダークホース。それがボーちゃんです。

ボーちゃん の「知的さ」について

さてそんなボーちゃんの、知的な活躍を焦点に見ていきましょう。

毎日運転する園長先生を見ていたというだけでMT車の運転方法やらクラッチのタイミングやらをすべて覚えたという時点で凄まじすぎる知能の高さなんですが、もちろんこれだけではありません。

「嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」では、しんちゃんから聞いていたひまわり星人の特徴をたった一度説明を受けただけで覚えており、さらにその特徴を持った人物を偶然目にした際には見逃すことなく知覚。しんちゃん以外のメンバーを呼びに行き、追跡までかけました。

さらに「爆睡!ユメミーワールド大突撃」では、各自が悪夢と戦うため、将来の夢を拡大解釈したものになって応戦していました。その際「石」になりたかったボーちゃんはどうやって悪夢と戦ったかというと……「小惑星イトカワ」となって、悪夢に向かって墜落したのです。

小惑星探査機はやぶさが話題になったあととはいえど、「石」から拡大解釈して「小惑星イトカワ」で攻撃するとは思いもよりませんでした……!!

また「嵐を呼ぶジャングル」ではコンパス(ただし磁気がとんでいた)を持参する、「バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」では夜を明かすためのテントを自作するなど、5歳とは思えぬ着眼点が目を惹きます。

「嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ」でも、先に映画に取り込まれていたかすかべ防衛隊の中で唯一記憶を保ち、冷静に記憶の保全に努めているなど、かなりのやり手。

動作はゆったりしていて表情もなかなか読めませんが、知識、冷静さでは他の追随を許さない。ボーちゃんはそんな知的な男の子です。

ボーちゃんの「渋さ」について

次はボーちゃんから醸し出されている渋さ。ふとしたときに感じるこの「渋さ」が、ボーちゃんの欠かせない魅力だと思います。

そんなボーちゃんの渋さが遺憾なく発揮されているのが、「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」です。

大人がいなくなり、流通やライフラインが機能しなくなり、喉が渇いたかすかべ防衛隊が入っていったのは商店街にある一軒のバー。

麦茶を飲んで一息ついていただけのはずが、ネネちゃんとしんちゃんによるリアルおままごと(仮)によって酔っ払い劇になっていきます。

しんちゃんは子ども(ひまわり)を抱えた雇われママ、風間くんはうだつの上がらない旦那、そしてボーちゃんはというと……ママを見守る、一途な常連客。

ロックグラスを置いて一言「ぼくは、ママ一筋だから」の破壊力が凄かったです。そういうのどこで覚えてくるの。

また、「嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード」では、マサオくんの通報によってしんちゃんが連行されると分かっているシーンで一人、むずかしい顔で黙りこくっています。こういうところから、この子の渋さが演技ではなく、本質的な部分だと分かります。

5歳児にも関わらず、大人の魅力すら感じさせてしまう謎の少年、ボーちゃん。「カンフーボーイズ」ではどんな知恵、または魅力を見せてくれるんでしょうか。

2018年の映画「爆盛! カンフーボーイズ」のキャッチコピーは「アクション大盛り、友情濃いめ」。

この時点でかすかべ防衛隊推しとしては期待値が振り切れそうです!誰かの解説に「電撃!ブタのヒヅメ大作戦」とかも出したかったんですが、今回は見送りとなりました。残念。

例年どおりであれば、映画公開前には去年の映画「襲来!!宇宙人シリリ」も地上波放送されるはず。かすかべ防衛隊はここでも大活躍しますので、是非見ていただければと思います!

© 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK


記事タイトル:

こんなに凄い5歳児たち!「かすかべ防衛隊」徹底紹介【 ボーちゃん 編】

関連ワード :

ボーちゃん

クレヨンしんちゃん

髪色(黒)

名脇役

堀川亮(声優)

おっとり

佐藤智恵(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
193回
192回
191回
190回
189回
188回
187回
186回
185回
184回
183回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!