アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式生放送

 

0

pt

おそ松さん第2期第17話「UMA探検隊3」「戒め!」「旅館」「デリバリーコント」

正直に言ってもいいでしょうか。今回の おそ松さん は、他のもの全部ぶっ飛ばして、「 旅館 」についてだけ語りたい。 もちろん作品の感想コラムとしてそれではいけないのは分かっているので!しませんけれど

おそ松さん第2期第17話「UMA探検隊3」「戒め!」「旅館」「デリバリーコント」【感想コラム】

正直に言ってもいいでしょうか。今回の おそ松さん は、他のもの全部ぶっ飛ばして、「 旅館 」についてだけ語りたい。

もちろん作品の感想コラムとしてそれではいけないのは分かっているので!しませんけれども!インパクトと後味が最高だった!!

そんなウズウズを抑えつつ、今回もあらすじと感想に参りたいと思います!

おそ松さん 第2期 第17話

「 UMA探検隊3 」
未確認生物・UMAを探して雪山にやってきたイヤミたちUMA探検隊。

今回のターゲットは雪男、デビルイエティ。3人は今度こそ捕獲を誓い雪山に入るが、あえなく遭難してしまう。

「 戒め! 」
松野家の本日の夕食は焼き肉!喜ぶ六つ子だが、一松はただ一人、喜びの中にも一人静かな危機感を抱いていた。

幸せなことがあると、必ず後から相応の不幸が訪れる。そう信じる一松と、その主張に説き伏せられた十四松は、幸せな出来事が起こるたびに「戒め」として、自ら不幸を起こしていく。

「 旅館 」
静かな山中の旅館に訪れたカラ彦部長とトド美。美しい景色と甘い雰囲気を満喫していた二人だが、そこに座敷童を名乗る不思議な少女・おそまが現れる。

最初こそおそまに恐怖していた二人だが、人懐っこい表情や仕草に、次第にその存在を受け入れていく。

しかしそんな心地よい夜は長くは続かず、二人はおそまから衝撃的な話を聞かされることになる。

「 デリバリーコント 」
尺が余ったので、カラ松と十四松が「本当は賢いヘンゼルとグレーテル」を見せてくれました。

今回は語りたい部分があるので、駆け足で行きますよ!

「UMA探検隊3」では遭難している三人それぞれの起こし方が面白かったですね!起こすというより、後半はもはや息の根を止めにかかっているようにしか見えませんでしたが!!

とりあえず、イヤミの歯はやっぱり伸びるんですね……イヤメタル設定は健在なのか否か……。

そして「戒め!」。成功回避欲求が高すぎる一松に涙を禁じ得ません……。なんでこの子、こんなにもささやかな幸せというか……ラッキーすら素直に享受できないの……。あまりにも不憫……。

でも十四松が一緒に戒めを行ってくれるのが可愛かったですね!起こった幸運は遠慮なく受け取るタイプの十四松が、一松の言葉に納得して一緒に成功回避行動をするところがなんとなくチグハグで面白かったです。

だけどいつか……いつか一松が普通のラッキーくらいは受け入れられるようになればいい……。

そしてかなり久し振りのデリバリーコント!しかもカラ松の初参戦!!

内容は……下ネタでしたけどね……。今回、一松もカラ松もチョロ松も尻を出して、十四松は脱糞したな……。

おそまちゃんの謎とその背景

さて、「旅館」です。すっごい面白かったですね……!!笑いという意味だけでなく、物凄く面白かったですね……!!

とりあえず、カラ彦はめっちゃいいい男じゃないですか……!!トド美はなにがなんでもあの人から離れずにいるべき。めっちゃ子煩悩になってくれそう。おそまちゃんを見る目が優しさと慈愛の塊だった。

さらにトド美、危険に対する警戒心は人並みだけど、対象を「愛しいもの」と考えられるようになったら自然に距離を近付けてくれる素敵な女性だった……カラ彦とトド美の今後に幸あれ……!

……とは言っても、この宿のことを共有している以上、ことあるごとに思い出して、恋愛を楽しむ雰囲気ではなくなるかもしれませんけども。

今回面白いなと思ったのは、おそまちゃんが座敷童と自称しているところ。

座敷童というと、皆さんのイメージは「住みついている家に繁栄と富をもたらす、子どもの姿をした妖怪」「見た人を幸せにしてくれる」ではないかと思います。実際に、座敷童が出ることで人気の旅館がありますよね。

しかし今回のおそまちゃんは、旅館のお客さんを逃げ帰らせて、宿の女将兼おそまちゃんの母親であるチョロ江からは「おまんま食べられなくなるよ」と言われています。

それはつまり、おそまちゃんの存在がこの旅館に繁栄をもたらしているわけではないということが考えられます。

そこで部屋の描写に目を移してみると、複数箇所に貼られた「悪霊退散」の札と、壁の破損からいって弓で射られたであろう、壁に刺さったいくつもの矢。

この矢は恐らく邪気を祓うとされる破魔矢でしょう。そして破魔矢の効力は、破魔弓で射ることで効力を発揮します。

壁の中におそまちゃんの骨が埋まっていると、おそまちゃん本人が語っていましたよね。しかしおそまちゃんが撫でた壁の部分には、札も矢も見当たらなかった。

むしろ、そこ以外の壁のあちこちに札や矢が見られました。

これは、壁土の中に遺骨が丸ごと入っているのではなく、遺骨を砕き、壁土の中に混ぜて部屋の壁に塗り込んだからではないかと考えれば納得できます。

そしてこの札や破魔矢が指し示しているのは、チョロ江はおそまちゃんのことを悪霊だと考えているということが窺えます。

なにせチョロ江には常に姿を見せていて、さらにどの部屋にいるかも把握されており、壺を壊すなどのイタズラもおそまちゃんがやったことだと知られているんです。

また、おそまちゃんが旅館の外に出ようとしないことから、旅館に縛られた地縛霊だということも分かると思います。

おそまちゃんがまだ小さいことを考えると、座敷童=畳敷きの部屋に出る子どもの幽霊、と考えて自称しているとは考えられないでしょうか。

おそまちゃんの話を信じるのなら、ずっと昔、実の母親に流血を伴う方法で殺害された幼児。座敷童を自称してはいるものの、宿は特筆して繁盛するわけでもなく、むしろ客が逃げ帰ってしまうことの方が多い。悪霊と断じて祓おうとしても、よほど強く未練があるのか留まり続けている。

そんなおそまちゃんに対するチョロ江の反応が、「おっかぁはおそまのこと好き?」という質問に「当たり前のこと聞くんじゃないよ」と、はぐらかし、相手の好きなように判断させるような回答です。現世に留まり一緒に遊ぼうと甘える我が子に対し、「好き」と明言することすらしていません。

さらにチョロ江の「おまんま食べられなくなるよ」というセリフ。おそまちゃんはもう死んでいるのが確実なので、ご飯を食べる必要がありません。つまり、お客が逃げ帰ることが多くなり旅館を運営できなくなれば、チョロ江の生活基盤が揺らぐということです。

チョロ江を母として慕い、いつも一緒に遊びたいと思っているおそまちゃんはチョロ江を緩やかに死に導こうとしていて、そのため、おそまちゃんを悪霊として認識しているチョロ江。

こう考えると、ちょっぴりホラーな「 旅館 」という作品が、非常に怖い背景を持っていると思えます。

本当、感動回やこういうのがあるから「 おそ松さん 」は侮れないですよね!

来週は「イヤミはひとり風の中」。……このタイトル……もしかして「 おそ松くん 」でかなり評価の高いあのエピソードでは……???

©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会


記事タイトル:

おそ松さん第2期第17話「UMA探検隊3」「戒め!」「旅館」「デリバリーコント」

関連ワード :

松野おそ松

おそ松くんシリーズ

イケメン

髪色(黒)

主人公

櫻井孝宏(声優)

コラム




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
198回
197回
196回
195回
194回
193回
192回
191回
190回
189回
188回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!