アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式生放送

 

0

pt

ナイツ&マジック 第12章「Knight & Dragon」【感想コラム】

“完全戦闘用飛空船”ヴィーヴィルの襲来とともに、ジャロウデク軍の反抗が始まった。炎に包まれる城塞都市から脱出する住民たち。混乱に乗じてグスターボのソードマンがあらわれ、ディーとの因縁の戦いが再び幕を開

ナイツ&マジック 第12章「Knight & Dragon」【感想コラム】

ナイツ&マジック 第12章「Knight & Dragon」

“完全戦闘用飛空船”ヴィーヴィルの襲来とともに、ジャロウデク軍の反抗が始まった。炎に包まれる城塞都市から脱出する住民たち。混乱に乗じてグスターボのソードマンがあらわれ、ディーとの因縁の戦いが再び幕を開ける。

上空ではエルがイカルガで奮闘するも、法撃に格闘能力、更に雷による防御も併せ持つヴィーヴィルは強敵だった。

一進一退の攻防を繰り返す中、オラシオは「特殊砲弾」の使用をドロテオに進言する。はたしてオラシオが仕掛けた罠とは……?

出典 YouTube

空では鬼神対飛竜、地上では脳筋対脳筋

ヴィーヴィルに襲われた城塞都市に、続いてグスターボ率いるティラントーの部隊も現れました。しかし、ディー先輩もグスターボも相手の呼び方にひねりがありません。長くて呼び辛いとか思わないのかね、君たちは?

避難民の誘導をアディやノーラたちが行う中、空ではイカルガとヴィーヴィルの壮絶な一騎打ちが行われています。イカルガの法撃に対し、ヴィーヴィルは雷系の魔法を展開して防御を行いました。実は、ヴィーヴィルの全身からいくつも突き出した魔導兵装は単なる砲台ではなく、それぞれが法撃戦仕様の幻晶騎士アンキュローサなのです。合計で13もの機体が同時に雷撃魔法を放つことによる対空防御能力と、それぞれが目標を追尾し法撃する能力を併せ持つヴィーヴィルの通常兵装と言えるでしょう。

しかし、そのヴィーヴィルの構造はエルにとっては美学に反する代物でした。全力を尽くしてヴィーヴィルを倒しにかかります。…なんというか、エルとオラシオの美学はつくづく噛み合わないもののようですね。いや、この2人が協力してなんか造るとか言い出したら、結果的に世界が破滅するような何かが出来上がりそうな気がするので、永遠にそのままでいて欲しいものです。

「巨大兵器破壊の心得その2」をもってヴィーヴィルの懐に入ろうとしますが、竜の姿を模しているのは伊達ではなく、尻尾や爪による物理攻撃と船としては異常な旋回能力でイカルガを寄せ付けません。船としては、と書きましたが果たしてヴィーヴィルを船扱いしていいのかは悩むところです。かといって幻晶騎士でもないですしね…
これほどの強敵を前にして「攻略のし甲斐がある」とか言い出す平常通りのエルに対し、ドロテオの方は熱くなっています。温度差が酷い!

地上ではディー先輩とグスターボの一騎打ちが続いていますが、ソードマンに搭載された源素供給器(エーテルサプライヤー)による瞬間的な強化を効果的に使うグスターボがやや優勢のように見える展開に。

イカルガとヴィーヴィルの位置まで走ってきたアディが撃った魔導飛槍の1本がヴィーヴィルに直撃した隙をついてエルはヴィーヴィルの上空を取ると、今まで出番を削られていたイカルガの搭載兵器“執月之手(ラーフフィスト)”が放たれます。これは背中側の4本の腕の手首から先を射出し、搭載された魔導噴流推進器によって自由に飛行する上に、射出後も“手”としての機能は健在で物を掴むことが出来、さらに魔導兵装としての一面も持つ有線誘導兵装と言うとんでもない代物。類似する武器を挙げるなら、ガンダムに出てくるインコムが一番近いんじゃないかと思いますが、インコムが分からない人も最近はいそうですね…要するにコード付きのファンネル、で通じるでしょうか。

原作ではイカルガ単機でティラントー50機を破壊する恐ろしい場面があるのですが、この執月之手がその無双っぷりの一因だったのは言うまでもありません。

イカルガに取りつかれたヴィーヴィルが取った対策は、なんとバレルロール!これが出来るからには、やっぱりヴィーヴィルも航空機の一種と言えるんでしょうか。しかしこの対決だけで、この世界初の状況が次々生まれてるんですけど…一般の人から見たら、想像を絶する戦いであることは間違いないでしょう。

そしてディー先輩とグスターボの戦いもまた、大詰めを迎えつつありました。第3章の感想で「この作品で一番成長を遂げるのはディー先輩だ」と言う風に書きましたが、まさにその成長のほどを見せつけてくれます。グスターボも対抗しますが、源素供給器の使い過ぎにより魔力転換炉が機能を停止、グゥエラリンデも多大な損傷を負いましたが勝ちを拾います。

長期戦の様相を呈してきたイカルガ対ヴィーヴィルですが、流石にマナプールが心もとなくなってきました。そのタイミングで使用された特殊砲弾、それは一見しただけでは煙幕のように見えましたが、その中身は金属片と硝石と粉末硫黄を混合した物。この世界には存在しない“火薬”と近しい成分です、これを吸い込ませることで魔導噴流推進器にダメージを負わせるための専用武器です。中枢部を破壊出来なくても、魔法を発現するための紋章術式を傷つけることさえ出来ればイカルガの飛行能力は失われる…まさに天才と天才の戦い。

着地したイカルガをヴィーヴィルが火竜撃咆によって葬り去ろうとしますが、エルは魔導噴流推進器に回していた魔力も銃装剣につぎ込んだ全力法撃で相殺。地上なら反動を気にせずに撃てるというのは道理ですが、城塞を焼き尽くすヴィーヴィルに対抗できる力が出る時点で異常!イカルガは飛んでいなければ弱いという機体ではありませんでした、地面に居たらそれはそれで脅威なのがよく分かります…

ヴィーヴィルの消耗に加え、ソードマンの敗北もありジャロウデク軍は撤退していきました。その背中にエルは反撃を誓います。セリフが悪役っぽい気がしますが、目をつぶりましょう。ともかく、この戦いで銀凰騎士団は大きな被害を受けました、特にグゥエラリンデは骨格すら歪む損傷にフレメヴィーラ王国での修理が必要なほどのダメージを受けていました。原作者様のツイートによれば、「中隊長機は機密がいっぱいなので、うかつに現地で修理できないという問題がある」とのことです。納得。

一度の戦いが糧になる

オラシオは帰還したヴィーヴィルに更なる強化を施すべく、秘密兵器を搭載していました。その名は“竜血炉(ブラッドグレイル)”、高濃度エーテル対応型の魔力転換炉、その試作品です。ヴィーヴィルには13基の魔力転換炉が連結されていましたが、イカルガの圧倒には至らなかったのでこれを載せたというのですが、そもそもイカルガの魔力転換炉は師団級と旅団級の魔獣が元なのを考えると、たった13基であれだけ善戦したことが異常な気もしてきます。

起動すればイカルガをも一蹴する出力を出すと豪語するオラシオですが、万が一にでも暴走すれば誰にも止められなくなるとドロテオに告げました。うーん、先に言っておいてくれるだけマシなんじゃないでしょうか。世の中には、暴走の危険を秘密にしてえらいことになったロボットアニメが山のようにありますからね。

その頃、カタリーナはソードマンを破壊されたグスターボに、補給物資として届けられた幻晶騎士を見せます。それはクリストバルのものと同じアルケローリクス、すなわちジャロウデク王国の王族専用機。カタリーナは自分が乗っても飾りにしかならないと、グスターボにこの機体を下賜すると告げました。こうして、ジャロウデク軍はその勢いを盛り返していきます。

そして決戦へ

新生クシェペルカ王国側も、上層部が顔を揃えての作戦会議を行っていました。決定的な案が出ない中、女王エレオノーラは私の身の安全が憂いになっているのであれば、と自ら出陣の意志を固め、全軍を動員しての旧王都デルヴァンクールの奪還戦を発案します。

再建された新生クシェペルカ王国の国王騎“カルトガ・オル・クシェール二世(セカンド)”を背に、女王エレオノーラは全軍に進撃の命を下しました。そして両軍は、シルダ・ネリャク要塞において激突するに至ります。

激しい戦いのさなか、夜空に異形の影が現れました。改装を終えたヴィーヴィルが戦場に到着したのです。直接本陣を狙おうとするドロテオですが、同乗していたオラシオが望遠鏡でクシェペルカ側に“何か”を発見します。その正体は銀凰騎士団鍛冶師部隊が総力を挙げて改造した飛空船、“対空衝角艦(ジルバヴェール)”!運用はそのまま鍛冶師部隊が務め、艦長は我らの親方!!双子のツェンドリンブルを動力として搭載し、甲板に立つイカルガにもちゃんと意味があるのです。

ロボオタクと空オタクの戦いが世界の行方を決める!

仲間達が旧王都奪還に奮い立つ中、エルはいつも通り方向のズレた思考でヴィーヴィルに相対していました。それがどんなのというと、「ヴィーヴィルみたいなのが普及しちゃうと幻晶騎士の存在意義がなくなって衰退する、それはロボットオタクとして認められないからここで“戦艦”を叩き潰しちゃうね☆」ということです。第1章からさんざん言ってきました、エルのヤバい発言の最たるものがコレ。

マッド技術者2人が一度の戦いを糧に改良した最高傑作をぶつけ合う、最終決戦の幕が上がりました。いよいよ来週、ナイツ&マジック最終回です!

©天酒之瓢・主婦の友社/ナイツ&マジック製作委員会


記事タイトル:

ナイツ&マジック 第12章「Knight & Dragon」【感想コラム】

関連ワード :

エルネスティ・エチェバルリア

ナイツ&マジック

イケメン

髪色(紫)

髪色(銀)

主人公

高橋李依(声優)




毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
175回
174回
173回
172回
171回
170回
169回
168回
167回
166回
165回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!