アニメキャラの魅力まとめ

検索
キャラペディア公式アイテム

   

0

pt

『 夏目友人帳 陸 』(夏目友人帳 6期) 第2話 「明日咲く」【感想レビュー】

夏目友人帳 6期 2話が放送されました!今回も、一日のラストを飾る、深夜の癒やしタイムに最適なお話です。といいつつ実は録画で見ていたりして(すみません)。 とまあ前置きはここまでにして……レビューの

『 夏目友人帳 陸 』(夏目友人帳 6期) 第2話 「明日咲く」【感想レビュー】

夏目友人帳 6期 2話が放送されました!今回も、一日のラストを飾る、深夜の癒やしタイムに最適なお話です。といいつつ実は録画で見ていたりして(すみません)。

とまあ前置きはここまでにして……レビューのスタートです。

起:ある日、美しい花模様を見かける

ある日夏目は、塔子さんとのお出かけ中に、それは綺麗な花模様の描かれた岩を見つけます。原作だと白黒なのですが、アニメだと本当に綺麗です。

しかし、塔子さんには見えないらしい。ということは、妖の描いたものだというわけです。

察した夏目は、気のせいだとごまかすことに。

毎度ながら苦しい言い訳で誤魔化しているのですが、塔子さんは気付いていて知らないふりをしているんじゃ……なんて妄想してみたり。

綺麗なのに見せてあげられないのは少しもったいない、と考える夏目でしたが――

綺麗でも得体の知れないものには近づかない方がいい、と考え直します。(フラグですね)

承:石洗い様のお願い

その夜、夏目は慕ってくれている妖達から、石洗い様の話を聞きました。

「まあちょっとした、仙人のような偉いお方さ」

石や岩は不浄なもの――恨み、そねみ、呪いを取り込み浄化する力があります。取り込みすぎて穢れてしまった石を浄化するのが、石洗い様なのだと。

どうやら、夏目が見た花模様は、石洗い様が浄化する際に描いたものらしく。

その後学校で、夏目は田沼&多軌に事情を話します。

2人も花模様は見えないけれど、楽しそうに話を聞いてくれます。そんな光景を見て、俺は一人じゃないんだ、と思う夏目。

↑実は、このシーンは原作にはありません。

前回のアニメ1話にて、田沼&多軌との友情を描きました。それを受けてのオリジナルシーンです。

アニメの夏目は原作以上に、友情の物語にもなっています。

というわけで話はこれでおしまい――とはいかず、結局夏目は石洗い様に出会うことになります。

まあ、お約束ですよね。

石洗い様は旅の途中、ボロボロになり痩せ細っている妖に出会いました。

その妖を弟子にとると、長らく一人で過ごしていた石洗い様にとってはかわいくて、大切な存在になり――やがて、その弟子は一人前になると旅立っていきました。

しかしある日を堺に、よく届いていた手紙が途絶えます。気になった石洗い様は、弟子を探しにやってきた――というわけです。

そんなわけで、優しい夏目は、石洗い様の弟子を探してほしいという頼みを引き受けることに。

ひとりぼっちで、痩せ細っていたという妖。夏目はその妖を昔の自分と重ねます。

妖のエピソードをうまく夏目や、周囲の人間にからめてくるのもこのアニメの面白ポイントです。

転:弟子は封じられていた

ようやく見つけた弟子は、新人の祓い屋によって封じられていました。

浄化のために花模様を描いていたのに、落書きをしている悪しき妖と間違えられたらしい。

目撃者である妖は説明してくれました。なんてひどい話。

夏目はニャンコ先生達と協力し、封印を解除します。しかし、封じ先である洞穴は空っぽ。どうやら自力で脱した模様。

ええぇ、封印雑っ! まあ、新人の祓い屋らしいので。

さて、ここからが本題。

不浄を祓う力はとてもデリケートです。封じられたことでその力を失い、

「残念だが石洗いはもうできんだろうな」

とニャンコ先生は推測します。

つまり

石洗いではなくなってしまったから、大切な師匠のもとに現れなくなってしまったのです。

師匠のことを大切に想うからこそ、力をなくしてしまった姿を見せられない弟子。

弟子が大切だからこそ、それでも弟子に会いたい師匠。

なんだか、夏目とまわりの人々との関係に似ている気がします。

結:師弟関係を超えた絆

その後、夏目たちは川原で弟子を発見します。

力を失ったことで、石洗い達の郷に帰れなくなってしまった弟子。

「立派な石洗いになって、美しきあの郷に帰りたかった。でももう、叶いません。石を、洗えなくなってしまいました」

あんなに育てていただいたのに、と申し訳なく思います。

けれど、石洗い様は言いました。

「よかったよかった、また会えた。もう帰れぬのなら旅をしよう。二人でめぐればきっと、美しき地も見つかる。もう帰れぬのなら、ともに帰る場所を探しに行こう」

師弟関係を超えた、美しき愛のカタチです。

こうして二人は旅立っていきます。ハッピーエンドです。

二人を見送った夏目は、また会えるだろうかと考えながらノートに花の落書きをして、塔子さんに「きれいね」と言われ赤面。

安定のほんわかオチでした。

『 夏目友人帳 陸 』(夏目友人帳 6期) 第2話 「明日咲く」のまとめ

お互い相手のことを想っているのに、それゆえにすれ違ってしまう。

現実でもある話ですよね。

いろいろ考えさせられるエピソードでした。

©緑川ゆき/白泉社・「夏目友人帳」製作委員会


記事タイトル:

『 夏目友人帳 陸 』(夏目友人帳 6期) 第2話 「明日咲く」【感想レビュー】

関連ワード :

夏目貴志

夏目友人帳シリーズ

イケメン

髪色(茶)

主人公

神谷浩史(声優)

コラム





毎週木曜日の21時から生放送でお送りしています


>>ニコニコ生放送の公式チャンネル





>> 記事内容の規約違反を報告


 キャラペディア アニメファン10000人ランキング 
167回
166回
165回
164回
163回
162回
161回
160回
159回
158回
157回


キャラペディア公式TWITTER
← こちらの【フォローする】ボタンからフォローをお願いします(^^)v
配信内容:アニメランキング / キャラクターコラム / アニメニュース等
配信頻度:毎日3本~20本程度
毎日、アニメキャラクターを3人ピックアップ!キャラクターの魅力についてのコラムを配信しています。あなたの好きなあのキャラクターのコラムが、今日配信されるかもしれません(^^)vアニメ好き必見の公式TWITTER!要チェックです!週1のアニメランキングもお楽しみに!